本文へスキップします。

【全:PC】ヘッダーリンク

【参】lightbox

  • 標準
  • 特大

サイト内検索 検索

【全:PC・SP】資料請求

資料請求

ページタイトル

お知らせ履歴

タブ:カテゴリメニュー

【スキー部】第72回国民体育大会冬季スキー競技会東京都大会結果 国体出場決定

2017/02/04 スキー部

日本体育大学荏原高等学校スキー部は平成29年1月14日・15日に開催された第5回猪谷杯大回転競技会、第72回国民体育大会冬季スキー競技会東京都大会に出場してきました。14日の前哨戦の猪谷杯では、インターハイ予選に続き、一ノ瀬、秋本、山口の3名が表彰台1〜3位を独占しました。15日の国体予選会では前日に続き一ノ瀬が優勝し国体出場を決めることができました。国体予選初挑戦の選手も皆健闘し難しいコースを攻略することができました。次の関東大会に向けていい試合になりました。

【大会結果はココをクリックしてください】

 

 

 

1位一ノ瀬 氶(2年)2位秋本 健太(2年)3位山口 礼雅 (1年)
OGも活躍しました。1位今野 明理(平成24年度卒)4位小俣 優香(平成26年度卒)

【参加者感想】

【選手感想】
生活面では礼儀や挨拶を心がけてすることができ大会が出来ていることを当たり前に思わず一つ一つのことをしっかり出来ていたと思います。
技術面では長いコースを最後まで滑ることができていたのですが掘れなどで落とされてしまって自分のラインで2日ともいけていなかったので自分のラインで行けるようにする。どんなにミスをしてもそこで諦めないでゴールすることができていてしっかり次には入れていて良かったです。

【選手感想】
・生活面
今回の合宿での生活面では時間もしっかり計画通り動けたし、部屋もしっかり綺麗に使えたと思うので、これからの合宿も今回のようにスムーズに行えるようにしていきたいと思いました。
・技術面
初めて長いコースを滑りました。そして初めての急斜面で結構スピードが出たのですごく怖かったです。その恐怖心のせいで落ち込みのところからすごい後傾になって板もすごいはねていつ転倒してもおかしくないくらいでいたので、次は関東で今回みたいなバーンらしいのでしっかり完走すること第一に恐怖心なく自分から攻める滑りができるように練習していきたいと思います。

【選手感想】
今回の大会では、猪谷杯では一位、国体予選では一位と二冠することが出来ました。猪谷杯では、表彰台を荏原で独占する事が出来ました。これは、先生方を始め、コーチ陣や仲間のサポートがあったからです。二日間の試合で、メンタル面で大きく成長することが出来ました。インターハイ予選では、あまり良い結果が出せずメンタル面でも技術面でも少し落ち込んでいたのですが、今回の大会で練習どうりの滑りができていて、メンタル面でも落ち着いてスタートできました。次は関東大会、全国大会と続くので、東京都以外の選手達にもしっかりと、自分の滑りをして勝ちを狙いに行きます。

【選手感想】
3日間を通して生活面では先生もおっしゃっていた通りよくできていたと思います。生活面で余裕があると時間に余裕ができレース前のメンタル面でも余裕ができると感じました。今回の合宿のような余裕を続けられるようにしていきます。技術面では、1日目の猪谷杯で2位という好成績を残すことができました。しかし、猪谷杯では内容がとても悪く改善点が多くありました。その改善点を修正して臨んだ国体予選でしたが、スタートして直後のスピードを繋げなければならないパートで致命的なミスをしてしまいました。実力不足でしたが調子は良いのでネガテイブに捉えるのではなく次のレースにむけて練習していきます。

【選手感想】
今回の国体予選.猪谷杯は初めてでした。また菅平のように長いコースを滑るのも初めてでした。自分の目標はしっかり完走し、11位以内にはいるのが目標でした。1日目の猪谷杯ではやはり、自分のダメな一本目で弱い部分が出てしまいインハイ予選の時よりも順位は低く13位となってしまいました。また内容もしっかりインペをしたはずなのにスタート前でそのイメージが真っ白になってしまったり全然ダメダメでした。でも今日の国体予選は昨日の続きの2本目だと自分に言い聞かせ今時分は13位にいて11位にならないと行けないという想定の中で滑ったところ国体予選では10位という結果になれたのでよかったです。また、関東大会.全国大会が続くので気を引き締めてこの2つの大会では自分の思った滑りができるように練習していきます。

【選手感想】
今回の国体予選では22位と21位でした。一日目では滑りが固くて思ったような滑りが出来なかったのですが、二日目は『全力で滑ればいいや!』って気持ちで滑りました。その結果動きも一日目よりは動けていてミスも少なくて内容的にはよい滑りができました。しかし、一日目、二日目もクワッド降り場付近の急斜面での振ってあるセットの中でミスが出てしまったので、今後の練習ではそう言うときにどう対応するのかってことを考えながら練習していきます。
緩斜面では動いてスピードを乗せることができ自分の良い滑りがすることができて自信になりました。生活面では時間、部屋の整理、ルールを守ってしっかりと行動することができたと思うので今後の大会合宿でも継続していきます。