本文へスキップします。

【全:PC】ヘッダーリンク

【参】lightbox

  • 標準
  • 特大

サイト内検索 検索

【全:PC・SP】資料請求

資料請求

ページタイトル

お知らせ履歴

タブ:カテゴリメニュー

【スキー部】ウォータージャンプ

2016/09/20 スキー部

日本体育大学荏原高等学校スキー部は8月29日に西武園遊園地S‐airにてウォータージャンプを実施しました。
今回の練習は普段雪上では出来ないことに挑戦するということを目標に行い、自分には出来ないと思っていることにチャレンジしました。そうすることでチャレンジ精神や緊張する環境下での体のコントロール能力を鍛えることができ、また自分のポジションの矯正を行うことが出来ました。
生徒も各々の恐怖に打ち勝ち、一皮剥けた練習になったと感じています。

【参加者感想】

【参加者A】
ウォータジャンプをやる前に先生が「何事にもチャレンジ」とおっしゃっていて、自分は今まで180とか360とかしかした事なくて、今回初めてバックフィリップに挑戦してみたのですが成功することはなかったのですが挑戦してすごくよかったと感じました。今まではびびってばかりだったけど今回おもいきり飛ぶことによってすごく自信もついたし何事にもチャレンジする事が大切だととても感じました。今日のチャレンジ精神は雪上でも生きてくると思うし、雪上ではチャレンジ精神が問われると思うので、それをしっかりと繋げられるようにします。
技術面では軸の大切さやタイミングがすごく重要だと感じました。またアルペンにも共通する部分があって、それはタイミングです。アルペンでもターンに入るときのタイミングはとても重要なことで、今回は踏み切り台のギリギリまで我慢することだったのですが、アルペンでもターンのタイミングを我慢するときもあるし早くするときもあるのでそういう意味ではタイミングはアルペンととても共通してたと感じました。今回の事を冬の雪上でいかしていけるようにします。

【参加者B】
今回の目標はチャレンジでした。今回チャレンジできたことは二つあります。一つ目、最初の方は下まで降りてから飛んでいたのですが、スピードが必要になり、最初から滑り、潰されずに飛べたことです。怖いと思わずに、一回やるとできるということがわかりました。二つ目は、360°ジャンプです。180°までは飛べて、360°飛ぶということが午後の目標でした。しかし、綺麗に飛べたのは1.2回だと思います。
なので、来年は綺麗に飛ぶということを目標にしたいと思います。

【参加者C】
今回2回目のウォータージャンプで部全体の目標が「チャレンジ」でした。去年のウォータージャンプでは初めてということもあり8・7でずっと飛んでいたんですが今回は6・1番でも飛ぶことができるようになってよかったと思います。また、去年よりプラス180度回ることが出来て自分の目標がが達成することができ回る以外にも違う技にチャレンジし成功することが出来たのでチャレンジしてよかったと思いました。なので、来年もいろんな技にチャレンジしていきたいです。その中でもみんながやっていたバックフリップに挑戦してみたいです。

【参加者D】
今回のウォータージャンプの1番の目標はチャレンジでした。自分はチャレンジすることが怖くて逃げてたことが多かったのですが、このウォータージャンプではたくさんのチャレンジができました。バックフリップなどでは周りの部員が一緒にやってくれて、いい刺激を貰いながら挑戦することができました。また、お腹から落ちて痛かったけど、次もう1回挑戦できたのは楽しいという感情があったからだと思います。ウォータージャンプは良い意味で遊び感覚で取り組めたので、練習というよりは皆で頑張れたという感覚でした。楽しく行えたことで色々な技に挑戦できたし、自分の壁を乗り越えられた気がします。これからも怖いこととかたくさんあると思いますが、ウォータージャンプの経験を活かし乗り越えて行きます。

来年はもっと高度な技に取り組んで行きたいです。
そして、このウォータージャンプで部員の仲も深まったと思うので、この良い雰囲気を冬まで保ち続けて行きます。

【参加者E】
今回チーム目標がチャレンジということで去年までは6番しか飛べなかったのですがバックフリップや2番台に挑戦するなどのことをしました。出来たことや出来なかったことがあったのですが去年よりチャレンジ出来たし村山先生と一緒にバックフリップやってみて出来なかったのですがチャレンジ出来て良かったです

【参加者F】
今回挑戦してみた技は、180,360、グラブ、股開き、バックフリップを行いました。
まず180,360はなんとなくしか出来ませんでした。来年はこの2つもしっかり出来るようにしたいと思いました。グラブは、出来たのですがどこか違う気がしました。なんか飛んでいるときに焦っているようだったのでもっと落ち着いて行えたと思うので、次回はしっかり落ち着いて行ってみます。股開きでは、最初は手を上にやる時間が多くて股を開くのが遅くなったのしっかり頂点にいったら手を下にして股を開くようにしました。一番自分が得意な技になりました。股開きの前に他の技も入れられるように来年は行っていきます。バックフリップでは、4番でとてもいけそうな気がしたので最初にチャレンジをしたのですが、180度回って頭から落ちて行ったのですが、思ってみた以上に怖くなかったです。やはりチャレンジしていく事は良い事だと思いました。3番でバックフリップをやってみたら出来なかったのですが4番だと楽に出来たので来年の目標は3番でバックフリップを決める事です。チャレンジしてみて意外と出来た技が多くて自分でも正直ビックリしています。先生の言ってた通りビビってるから出来ないのだと身をもって感じました。

【参加者G】
丸一日、写真やサポートとなりましたがとても良い経験になったと思います。1日を通してみんながどんどん新しい技にチャレンジしていく姿を見て自分は飛べませんでしたがどんなことにもチャレンジする心の大切さを感じました。また、素人目ではありますが、空中姿勢や回転などアドバイスすることができました。このアドバイスというものを普段のトレーニングでも忘れずにしていきます。

【参加者H】
今回のウォータージャンプで色々なことにチャレンジ出来ました。1つ目は雪上では出来ない技の挑戦です。雪上で回せる限界のスピンより回したりフロントフリップなどの大技にもチャレンジ出来ました。2つ目は大きいキッカーを飛んだことです。大きいキッカーを前にするとビビってしまっていたんですがその恐怖心に勝って飛ぶことが出来ました。自分の種目にも繋がる部分があって、スピンが出来れば空中姿勢も良くなります。この2つにチャレンジ出来、今後もチャレンジしていく気持ちを忘れずどんな事にもチャレンジしていきます。

【参加者I】
今回のウォータージャンプではチャレンジする事を1番に取り組みました。今年で3回目で雪とは違う感覚で普段出来る技もウォーターになると一回り難しく感じました。エッジを使えないという面でしっかり良いポジションに乗っていないと板がすぐずれてしまい、基礎の面では良いトレーニングになりました。午前中は出来るだけ人工芝に慣れ、午後は3番、2番のキッカーにチャレンジしました。スキー場では2番ぐらいのキッカーだったらあまり考えずに飛んでいましたが、人工芝で普段の滑りが出来ない中あの長いランニングを下るのは少しビビりました。しかし日頃のトレーニングのおかげに良いポジションに乗れ綺麗に飛ぶ事が出来ました。他にも、コーク3やバックフリップ、フロントフリップにもチャレンジしました。最後は綺麗に360°回る事が出来たので良かったです。 今回は雪の上では余裕で出来てもウォーターでも出来るようになったので良かったです。

【参加者J】
今回初めてのウォータージャンプだったのですこし不安もありましたがチャレンジしないと始まらないと思い挑戦しました。最初はジャンプ台までしっかり行けてたんですけど後の方になると板の真ん中に全然のれてなくジャンプ台まで行けていなくジャンプ出来なかったので次はしっかり板の真ん中に乗れるようにします。事前練習でやっていたジャンプが出来ていなく不恰好な感じで回ってしまったので次はしっかりジャンプ出来るようにします。今回のチャレンジしたことは、恐怖心をなくししっかりジャンプ&回る事をチャレンジしました。

【参加者K】
ウォータージャンプをやってみてとても難しい物と言うことが分かりました。MTGで言われたチャレンジが出来るか不安でしたが、目標として360°横ジャンプにチャレンジすることが出来ました。先生方からもアドバイスを頂いて上手く回れるように努力しました。結果は、一回も成功しませんでしたが、とてもチャレンジする心を磨けた日でした。